2020-09-16

【YoutubeがインドでTikTokに変わる新機能”Shorts”ベータ版提供開始】

地元の競合他社を押さえて推定1億2000万人のインドTikTokユーザーを獲得なるか?

YouTubeが、最大15秒の短尺動画を作成できる新機能「Shorts」の提供を開始することを発表しました。Shorts には中国のTikTokと同様のクリエイターツールが搭載されており、音楽を使った撮影やライブラリへのアクセスも可能となっています。

現在、インドでは両国間の国境線の緊張が高まったため、6月からTikTokと他の58の中国製アプリを禁止しています。インドはTikTokの最大の海外市場で、推定1億2000万人のユーザーを抱えていました。

その後、すでに地元の多くの企業がTikTokのポジションを狙って動いているとのことで、競合他社との競争がここから始まるようです。

なお、今年8月にはInstagramが同じく短尺動画を作成できる新機能「Reel(リール)」を開始している。

関連記事:【簡単15秒ダンス×ファッションが見られる!?】インスタグラム新機能”リール”にチャンレンジ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Posts

Translate »