2020-11-09

【進化し続ける”テミン”「IDEA:理想」MV公開-3部作ダンスMVに込めた想い-】

業界トップのダンススキルを誇る"テミン"が3rdアルバム「Never Gonna Dance Again」=「もう2度と踊らない」で"キャリアの再スタート"を体現!

そのダンスの実力でも有名な韓国のアーティスト"TAEMIN(テミン)"が最新MV「IDEA:理想」を公開。今作は古代ギリシアの哲学者プラトンイデア論からインスパイアされたとし、特に以前の自分から脱却して新しい自分を発見する過程を表現しているといいます▼

こちらのMVは今年8月に公開された「2 KIDS」を皮切りに、「Never Gonna Dance Again : Act 1」、「Never Gonna Dance Again : Act 2」を含めた全3部作となる「Never Gonna Dance Again」シリーズの最終作としても公開されました。

業界トップのダンススキルと称される彼がなぜ「Never Gonna Dance Again」=「もう2度と踊らない」というアルバム名をつけたのかには多くのファンが疑問視していました。



彼はアルバム名に対して、アメリカの経済誌Forbesのインタビューで「このアルバムはこれまでのキャリアの再スタート的な位置付けになっている」と話し、「彼自身に存在する反抗的な面をより強調するためにつけた」と、新たな一面を表現していく姿勢を語っています。

SHINeeSuperMのメンバーとしても華々しいキャリアを誇る彼ですが、ソロ活動時には世界的トップダンサー"菅原小春"や"仲宗根梨乃"を振付師として起用するなど、彼自身にしか表現できない踊りを追求していく、ダンスに一切の妥協を要さないアーティストでもあります。そんな彼の新たな挑戦をまさに体現しているMVはぜひ3部作を通して観てほしいです▼

2 KIDS

こちらの作品では即興でのダンスに挑戦しており「Never Gonna Dance Again」1作目に相応しい作品となっています。

 

Criminal

 

今回のアルバムは、歌、ダンス、ビジュアル、全てにおいての過程をより直接的に関わったというだけあり、彼でなければ表現できない、総合芸術としてのこだわりを感じます。

進化し続ける"テミン"の今後の活動に注目していきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Posts

Translate »