【”DAOKO”×ダンサー”アオイヤマダ”】新進気鋭映像監督による最新MV

唯一無二の表現者が集結して創りあげたアート的MVに注目

【”DAOKO”×ダンサー”アオイヤマダ”】新進気鋭映像監督による最新MV

唯一無二の表現者が集結して創りあげたアート的MVに注目
2020-08-21

DAOKOの最新MVはバンドメンバーである網守将平との共作曲となっている。

監督は、king knu を初めミレニアル世代のアーティストのMVを数多く手掛ける新進気鋭の映像作家”OSRIN(PERIMETRON)”が担当。そして、唯一無二の表現力でアーティストからラブコールを受け続けるダンサー”アオイヤマダ”も出演している。

youtubeの反応↓

「この個性が爆発したDAOKOを待っていた。最高」
「不気味さとDAOKOちゃんの美しさとダンサーさんの不思議な感じが混ざって凄く惹かれる映像だな」

Daoko / youtube.com

どこがサビなのかも分からないままDAOKOの甘い言葉遊びに導かれ、幻想的だが、どこかグロテスクさを感じる世界観にいつの間にか中毒になってしまうMVだ。

Daoko / youtube.com

アニマとは”静”という意味で、静と動(アニマとアムス)を視覚表現したとDAOKOはコメントしており、5:42の中で予知できない転換を続ける音遊びと、確実にメロディを繋ぎ刻んでいく1111文字の言葉遊びによる”静と動”の新しい世界は、ジャンルレスなダンサーであるアオイヤマダにしか表現できない作品となっているのでぜひ見て、聞いて、感じてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




More Posts

Translate »