2020-11-20

【”aespa”×”Beyond LIVE”初ARステージをYoutube上で公開!】

デビューMVは24時間で2,100万回を突破。SM発の最先端系アイドル初ARステージに注目

韓国のSMエンターテインメント(以下SM)から約6年ぶりとなるガールズグループ"aespa(エスパ)"が11月17日にデビュー曲「Black Mamba」をリリースし、同時にYoutube上で公開されたミュージックビデオは24時間で2,100万回を突破し大きな話題を呼んでいます。

ここまでaespaが注目されるのは、由来でもある「Avatar×Experience(アバター×エクスペリエンス)」=「自分のもう一つの自我であるアバターに出会い、新しい世界を経験する」というコンセプトを持っており、メンバーにそれぞれアバターが存在し、リアルとバーチャルの世界を行き来するストーリーを持つからに他なりません。

物語の始まりともいえる今回のMVでは、タイトルでもある"Black Mamba"は世界を恐怖に陥れる悪役とし、メンバーとアバターとの間のつながりを遮断するというストーリーで、低い姿勢を維持したままダイナミックに動くダンスもaespaの独特な世界観を表現していました。

 

そして、その2日後である11月19日18時(日本時間)にデビューステージがYoutube上で初公開▼

こちらのステージはSMとJYPエンターテインメント(以下JYP)が共同で創設した世界初のオンライン専用コンサート「Beyond LIVE」上で行われ、最新のAR(拡張現実)技術を駆使し、より一層進化した映像体験はaespaの世界観ともマッチし好評を博しています。



SMはファン向けの映像配信サービス「V LIVE」を運営するNAVERと今年8月に提携し、次世代映像ビジネス拡大のためにNAVERから計1000億ウォン(約89億円)規模の投資を誘致しており、今後も映像コンテンツに力を入れていくことが期待されています。

Beyond LIVE上で行われた別ステージ "KAI from EXO"×"KARINA from aespa"▼

 

今回、アバターと一緒に踊るようなシーンはありませんでしたが、パフォーマンス後にスクリーンからアバター達が登場しました。今後どのような展開を見せていくのか目が離せません。

 

aespaの記事を合わせて読む▼

【話題のアバター×アイドル”aespa”の表現したい世界とは?】よく比較されるバーチャルアイドル”K/DA”って?

 

【最先端系アイドル”aespa”デビューMV『Black Mamba』公開】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Posts

Translate »