2020-09-03

【型破りなプロバレエダンサー”Harper Watters”】王子様からドラァグクイーンまで踊り着こなす

彼のジェンダーレスでボーダーレスなファッションとダンスは世界中から注目を集めています!

ヒューストンバレエ団に所属する28歳のプロバレエダンサー”Harper Watters“は、その型破りなファッションとダンスが人気のダンスクリエイターでもあります。

以前の彼は、毎日朝の9時から夕方6時45分まで「白鳥の湖」や「ロミオとジュリエット」のリハーサルをしていましたが、パンデミックの影響で生活が一変したという。

そんな彼が自宅でダンスのスキルを維持しながらも創造力を発揮するための手段として始めたのがTikTokでの活動でした。

@theharperwattersKINKY BIKE 👠 ##heels ##workout ##gay ##duh ##ballet ##fyp ##peleton♬ original sound – melodydancefit

その完璧なプロポーションをより際立たせる、ハイヒールを用いた予想外な衣装の組み合わせと、しなやかで美しいバレエの動きを用いたダンスの動画は3月からアップし始めて、今では約10万人のフォロワーを獲得しています。

@theharperwattersPERIOD 🌈💰👑 ##gay ##ballet ##fyp ##queeranthem♬ Medusa – GRiZ & Wreckno

アメリカのVogueのインタビューで創作のインスピレーションについて聞かれると、彼は「ビヨンセのホームカミングの準備を想像してみてください。」と言い、ポップカルチャーやそれを取り巻く時事問題から影響を受けると答えた。

彼がダンスに目覚めたのは、ディスティニーズチャイルドの曲に合わせてビキニ姿で踊るのに解放感を覚えた幼少期からで、

バレエはとても繊細で、黒人男性が踊っている姿を見たこともなく、バレエの男性像が時代遅れであったため、小さい頃は手が届かないジャンルだと感じていた」と話した。

しかし、彼は11歳で初めてバレエに挑戦し、今では世界最高のカンパニーのソリスト(ソロパートを任される階級のバレエダンサー)に抜擢されている。

バレエは私に目的を与えてくれた。コミュニティを与えてくれた。そして、人々の認識を変えることができると、勇気を与えてくれた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARPER WATTERS(@theharperwatters)がシェアした投稿

彼は「くるみ割り人形」の王子様から、NYの街を颯爽とウォーキングするドラァグクイーンまで、踊り着こなします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARPER WATTERS(@theharperwatters)がシェアした投稿

バレエというと厳格で格式高いイメージでしたが、彼はその固定概念を壊し、ジェンダーレスかつ、ボーダーレスな表現でその魅力を伝えています。

1日も早く元の日常に戻り、彼がステージ上でバレエを踊る姿を1度見てみたいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Posts

Translate »